睡眠障害が太る原因かもしれない

睡眠障害が太る原因かもしれない

一時仕事が忙しくて睡眠不足の生活が続きました。

 

夜遅くまで仕事をして、2〜3時間の睡眠時間の生活を送ったのです。

 

その影響なのか、自律神経のバランスが崩れてしまって、睡眠薬を飲まないと寝られないような状態になりました。

 

そんな時って、どんどんと太っていくんですね。

 

食事の量は変わらなくても、体重が増加してしまうんです。

 

しっかりとした睡眠って、体重にも影響するんだというのが実感できたんです。

 

しばらくは睡眠薬を飲んで、無理やり眠るようにしていたのですが、やっぱり睡眠薬を常用するのはちょっと怖いです。

 

だから睡眠についていろいろと調べてみることにしました。

 

変なダイエットをしなくても、しっかりとした睡眠が取れれば、体型って維持できますからね。

カーテンを開けて寝る!

人間をはじめ地上に生きる動物はみんな、太陽の運行に合わせた生活のリズムを持っています。

 

だからホルモンもこのリズムを整えるように分泌されるんです。

 

夜明けには日中の活動に備え血圧や血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が急増して、日が暮れれば眠りに誘うホルモン、メラトニンがぐんと増えていきます。

 

昼夜反転なんてもってのほかですね。

 

遮光カーテンは昼間寝るための道具ですから、使わない方がいいですよ。

 

人の目が気にならないのなら、カーテンは開けておいて、朝に光が差し込んだ方がすっきり起きられます。

 

波長の短い朝の光が目に入ると、メラトニンの分泌は抑制されて、コルチゾールの分泌は促されます。

 

ほっておくと人の体内リズムは後ろにずれていきますので、体内時計をリセットするためにも、朝の光は重要です。

 

昼の光は体内時計に作用しないのでm、寝坊をするときちんとしたリセットができないのです。

 

海外旅行の時差ぼけもこれで解消できます。

 

現地時間に順応するのには、眠くても朝が来たら起きて、日光を浴びるとリセットがかかるんです。

眠たくないのに無理やり床に入るな!

朝日を目にすると覚醒するのは、体内時計に情報を送る高感受性網膜神経節細胞にある光重要タンパク質、メラノプシンが短い波長の光だけに反応するからです。

 

だから寝る直前までテレビやパソコン、スマホなどの青白く光る画面を見続けたら、寝付きにくくなるのは当たり前ですね。

 

睡眠時間の短い国のトップ3は、韓国、日本、台湾ですが、これらの国は天井照明に蛍光灯を多用するところです。

 

コンビニのような明るい環境にいたのでは確かに眠くはなりませんよね。

 

スマホなどは大した光ではないですが、距離が近いので光を強く感じることになります。

 

布団にもぐってもなかなか寝付けなかったとしても、スマホなどを見ていては余計に眠れなくなります。

 

明るくして本を読むのもよくないです。

 

なかなか寝られないと言う日が続くと、そこが眠れない場所として認識されてしまうので、さらに眠れなくなってしまいます。

 

時間だから布団に入るというよりも、眠くなってから布団に入る方がいいのです。

 

眠くなるために、部屋の照明だったり、お風呂の時間だったりを工夫するといいですよね。

週末の寝ダメはナンセンス

平日明らかな睡眠不足になって、いつも眠くて疲れているような状態になると、週末には昼までゆっくりと寝て過ごすことで寝ダメをしたくなりますよね。

 

でも残念ですが、寝だめをすることは不可能なんだそうです。

 

もしも平日の平均起床時刻よりも2かrあ3時間も遅く起きたら、体内時計は間違いなく狂います。

 

週末を使って海外旅行にいって時差ぼけになるようなもんです。

 

体内時計が狂ったまま迎える月曜の朝は時差ぼけと同じ状態になるので、仕事への意欲も落ち込みます。

 

 

 

だから少々疲労感が残っていたとしても、寝坊はいつもよりせいぜい1〜2時間までに抑えるのがいいです。

 

昼間どうしても眠ければ15分程度昼寝をするといいです。

 

これは睡眠時間の確保ではなくて、眠気を取り除くのが目的です。

 

だから土日だからと羽を伸ばして夜更かしをするのも考えものです。

 

そして平日しっかりと睡眠時間を確保することが大事ですね。

胸を大きくするためのサプリを利用

胸を大きくするのにもいろいろとありますが、地道にコツコツがんばるやり方が最も低価格で、悪影響が体に出てしまうこともないでしょう。でも、一刻も早く胸を大きくしたいのならば、プチ整形という方法もあります。お金をかけることになりますが、100%バストアップにつながるでしょう。また、胸を大きくするためのサプリを利用するとよいでしょう。胸が小さいことで嘆いているなら、筋トレも試す価値があります。というのも筋トレにはバストを支えるための筋肉を作る効果があり、バストアップへの近道になります。とはいえ筋肉だけつけても完全に胸が大きくなるとは言えないので、もっと色々な方向からの試みも大切と言えるでしょう。質の良い眠りを心掛けたり、リンパの流れをスムーズにすることも効果があります。一般に、バストアップクリームの成分には女性ホルモンの分泌を活発にするものが含まれていて、胸が大きくなるという効果をもたらすことが見込まれます。バストアップクリームを塗る際には、皮膚から内部へ浸透するようにソフトにマッサージをする方が効果がわかりやすいでしょう。というものの、使えばすぐにバストアップするかといえばそうではありません。サプリを使用によるバストアップが効果的かというと、たくさんの方が効果を実感しています。バストアップ効果をもたらす女性ホルモンの分泌促進作用のある成分が含まれているサプリなので、飲むと体の内側から気になるバストを育てることができるでしょう。ただし、女性ホルモンが増えすぎて生理周期に影響が出る可能性もあるということを説明しておきます。用量用法を守って細心の注意を払って使用してください。バストアップの方法を考えると、エステという手段があります。バストアップのための施術を受ければ、これまで以上に形の良い、きれいなバストを手に入れることができます。一度や、二度で終わらせず、続けて行くことでサイズが大きくなることもあります。けれども、お金もたくさん必要ですし、当たり前ではありますが、整形ともまた違い、努力と保つための意識が必要で、せっかくきれいになったバストが元通りになってしまいます。胸を大きくするには毎日の習慣が大きく関係しています。胸の小さい女性は気づかないうちに、胸の成長をストップさせてしまうような生活が板についてしまっているのです。胸を大きくするには、日々の行いを改善してみることが大事です。いくら胸を大きくしようと励んでも、日々の行いが邪魔をして効かないことも多いです。近年では、胸が大きくならないのは、DNAというよりも生活の様子が似ていることが原因というのが主流となる考え方です。偏食や運動不足、充分な睡眠を確保できていないことなどが、バストアップを邪魔している可能性があります。親子、姉妹間のバストサイズの違いは、多々あることですから、まだまだこれから成長していけます。バストアップに効くツボというのがありますから、押すことも試してみてはどうでしょうか。だん中ですとか天渓、乳根などのツボがバストアップさせるツボであるとして知名度が高いでしょう。こういったツボを押すことで、血液の循環がうながされたり、女性ホルモンが多く出るようになったり、乳腺に対して良い効果があると考えられていますが、効くのにある程度時間がかかります。効果的なバストアップには腕回しをするのがいいのではないでしょうか。バストアップ効果が得られるエクササイズは長く続けることがおっくうになってしまいがちですが、気軽に実践できる腕回しなら可能ですよね。肩のコリもほぐれる腕回しは血液の循環も良くなりますし、副産物として筋トレ効果もあります。そうすることで、バストの効果的なボリュームアップにもつながるでしょう。バストアップに有効なものとして、豆乳がよく知られています。豆乳には大豆イソフラボンという物質が含まれていて、その働きとして女性ホルモンに似た作用があるのだそうです。不味くて飲みにくかった以前と異なり、青臭くない豆乳が増えていますから、豆乳の摂取に前向きに取り組んでみるのもいかがでしょうか。しかし、がぶがぶとあまり飲みすぎるのはよくないので注意しましょう。